日経平均連動型ETFのおすすめ銘柄

日経平均連動型ETFで資産を増やそう

ETF(イー・ティー・エフ:Exchange Traded Fund)とは

ETF(イー・ティー・エフ)とは、「Exchange Traded Fund(上場投資信託)」の略で、日経225やTOPIXなどの株価指数や商品指数などに連動するようにつくられ、取引所に上場している投資信託を言います。

ここで、投資信託とは、簡単に言いますと、投資家から集めたお金をひとつの大きな資金として、投資の専門家が株式や債券などに投資して、その運用成果が投資家それぞれの投資額に応じて分配される仕組みの金融商品を言います。

ETF(イー・ティー・エフ)と聞くと、ちょっと難しい感じもしますが、毎日、テレビや新聞等で目にするという事もあり、株の初心者でも始めやすい商品と言えます。また、万が一、組成会社が倒産しても投資した資産は守られるので安心です。

日経平均は毎日に目にするので取引はしやすい

株式投資をはじめると、毎日、日経平均株価を見ることになると思います。自分が保有している銘柄だけでなく、狙っている銘柄が日経平均に対してどのように動くかを観察し、そのエントリーのタイミングを計ることにも使えると思います。

ここで、ちょっした疑問が生じます。毎日、日経平均を見ているのだから、日経平均を売買出来たらとっても嬉しいけど!?

確かに、日経225先物なら取引はできるのですが、レバレッジが聞き、大きなリスクを負いたくないという人も多いはず。

そこで、現物株を取引する口座で日経平均を売買できれば、個別銘柄と同じとなり、安心できますね。しかも、毎日耳に入ってくるので、追跡するのも苦にならないです。しかも、収益機会も増えます。

そこで、登場するのが、東京証券取引所に上場されている日経平均連動型のETFなのです。

大人気の、目指せ!株で1億円メルマガ登録はこちらから!

日経平均連動型ETFの種類

もう少し日経平均連動型ETFを深掘りしましょう。日経平均連動型ETFには、ブル型とベア型の2種類があります。

ブル型は、日経平均が上昇すれば上昇するし、下落すれば下落します。つまり、現物株を買うのと同じです。

反対に、ベア型は、上昇すれば下落し、下落すれば上昇するETFです。つまり、日経平均の値動きに対し、逆の方向に動きます。

現物株を取引している時には、日経平均が下落していると利益が増えるので、保有している現物株のヘッジに使うこともできます。

ETFにより、日経平均の価格変動に対して、2種類の損益を実現できることをお判りいただけたと思います。特にベア型は、日経平均を空売りしたのと同じ効果が得られるので、信用取引口座を開いて空売りする必要がなくなり、非常に便利です。

株初心者が個別銘柄を始める前に最適

「株式投資を始めるぞ!」と気合を入れも、いざ個別銘柄を選択するとなると、なかなか難しく、自分ひとりではちょっと無理かなと思ってしまいます。しかし、そんな株式投資初心者の方にとっては、このETFから始めるのもアリです。

ETFを実際に取引し、慣れてきたら個別銘柄にチャレンジしてすればよいですね。なので、これから個別銘柄を始める前段階に、ぜひETFにトライしてみてください。

おすすめの日経平均株価連動ETF

いまでは、日経平均株価に連動するETFは10銘柄以上あります。

単に発行証券会社が異なるだけで、値動きが同じものもあります。さらに、日経平均が下落しても、空売りと同じように利益を狙える銘柄もあります。

また、日経平均の変動率に対して、2倍の価格変動をするETFも上場されています。ホント、バラエティーに富んでいます。

しかし、こうなると、どの銘柄を取引したらよいか、迷ってしまうと思います。

そこで、取引がしやすいと思われる出来高の多い銘柄を紹介します。

1321 日経平均225連動型上場投資信託
※日経平均225に連動する最も一般的な商品

1570 NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ
※日経平均の変動率に対し、2倍の値動きをするETF

1571 NEXT FUNDS 日経平均インバース
※日経平均の変動率と反対の値動きをするETF

1357 NEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース
※日経平均の変動率と反対に2倍の値動きをするETF

これらの4銘柄ですが、日経平均と同じ値動きをするETF、上昇すれば下落するETF、変動率が日経平均の2倍のETFと取引しやすいと思いますので、この4銘柄から、相場の状況に応じて決めるのが良いでしょう。

まとめ

日経平均連動型ETFのおすすめ銘柄、如何でしたでしょうか?

先物取引や信用取引を使わずに、日経平均をトレードできるのが、日経平均連動型ETFです。非常に使い勝手がよく、上昇時でも下落時でも、投資収益機会を増やしてくれます。

特に株初心者の方には絶好の商品です。株式市場が下落に襲われた時にも、うまく日経平均連動型ETFを使って、資産防衛ができるようにしてくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

尾崎式史

独自のチャート分析をもとに相場を張っている現役トレーダー。チャーチストと言われるにもかかわらず、ファンダメンタルズ分析やヒストリカル分析にも詳しい。中でも暴落・暴騰分析は抜群である。メルマガでの的確な天底予測では多くの読者が驚愕する。セミナー講師としても引っ張りダコ。登壇回数は800回を超える。相場の本質を突いた解説はプロからも定評がある。書籍は出せば売れると業界でも注目株。2020年7月に6冊目の新刊が発売されている。