相場で勝つためには手法にこだわり、深く考えることが重要

相場で勝つためには水のように立ち回ろう!

相場に真摯に向かうといろんな疑問が沸き上がってきます。

「どうすれば相場と共に歩めるのか?」、「どうすれば相場を攻略できるのか?」と。

つかみどころのない相場は水のようだ!

面白いヒントが、「五輪書」にあります。これは、宮本武蔵が著した兵法書です。

剣術の奥義をまとめたといわれるのですが、相場にも当てはまります。小生のお気に入りである「水の巻」からその一節を。

「自分の剣は水を手本としてきた。水は器に従い色形をなし、ひとしずくから大海原にもなる。心も体も自在に流れる水に習うのが肝要だ。」

じわっと心にしみる一節でしょ。

「Be water」の真意は相場につながる

話は変わりますが、小生はブルース・リーも大好きなのですが、そのブルース・リーが、「Be water」(水になれ)という言葉を残しています。

そのネタ元が、宮本武蔵のこの「五輪書」だって言われています。

では、もう少し深掘りしてみましょう。

「Be water」の真意とは、その前に書かれているところにヒントがあります。

Empty your mind, be formless, shapeless – like water.
心を空にせよ、型にとらわれず、形をなくせ。水のように

Now water can flow or it can crash.
水のように自在に動き、ときには破壊的な力も持つ

Be water, my friend.
友よ、水になれ

ブルース・リーの武術哲学として理解できます。

さらに、ブルース・リーの名言として有名な、「Don’t think, feel.」(考えるな、感じろ。)も実は五輪書の「空の巻」から引用と言われています。

良く考えると相場と同じでしょ!?

物事の本質を常に考えよう

会場セミナーなんかで、「こういう投資手法って使えるのですか?」って、よく質問を頂きます。

釣りに例えるなら、「このルアー(疑似餌)って使えるのですか?」という質問と同じですね。

回答としては、こんな感じです。

このルアーは、こんな環境下で、こうやって使ってやれば釣れますよ!

経験と知識がさらに深まると、このルアーがどんな魚を連れて来るのかもイメージできます。多くの釣り人は、簡単に、しかも必ず釣れるルアーを欲しがります。そんなのないですから!笑

「このルアーなんて良いですよ~!」ってすすめられて、使ってみると、釣れない・・・

「このルアー、釣れねぇーじゃねーかよー!」ってなるわけです。笑

重要なのは、まずは、このルアーの特徴や使い方を知らないといけないのにね。

投資手法も同じなんですよね。上手くいかない時には上手くいかない理由があります。まずは、原因分析。自分の投資手法が相場環境にあっているのか、それとも単に使い方が間違っているのか?

原因が明確になれば、改善すればいいのです。そうすると、すぐに結果につながりますから。

まとめ

相場で勝つためには表面的なことだけでなく、本質を見抜き、徹底的に深掘りする必要があります。相場はそう簡単に勝たしてくれませんから。

こちらでは、小生の投資哲学について書いてみました。ぜひ、どうぞ。

株で勝つための投資哲学について

 

ABOUTこの記事をかいた人

尾崎式史

独自のチャート分析をもとに相場を張っている現役トレーダー。チャーチストと言われるにもかかわらず、ファンダメンタルズ分析やヒストリカル分析にも詳しい。中でも暴落・暴騰分析は抜群である。メルマガでの的確な天底予測では多くの読者が驚愕する。セミナー講師としても引っ張りダコ。登壇回数は800回を超える。相場の本質を突いた解説はプロからも定評がある。書籍は出せば売れると業界でも注目株。2020年7月に6冊目の新刊が発売されている。