株で勝つためのシンプルな思考と手法について

株で勝つためには相場の本質を知ること

株で勝つ方法を見つけようと、株の書籍を読み漁り、投資セミナーに行きまくり、株のDVDを徹底的に研究したりと、時間とお金をかけて研究する。

しかし、株で勝つ方法というのは簡単には見つからないです。

でも、そのうちに気がつきます。株で勝つための唯一の手法なんてないことに。

そう、成功は自分の中から始まるのです。これをしっかりと認識すべきです。

相場の世界では、いかに自分を思い通りに動かすことが出来るか、がカギとなります。

これまで株で勝つ方法を探し続け、行きついたところを書いてみようと思います。

株式投資で勝つためには、勝てる相場で勝てる手法で勝負する

そもそも投資の世界で上手く生き抜くために必要なことは、勝てるところで勝負をするってことです。しかも、勝てる手法で。

勝てることろで勝負する考え方を「全方位投資」と名付けます。

全方位投資とは何なのかという事を、さくっと説明します。名前の通り、どの分野にでも投資をするということです。

なぜ、そんなことをするのかというと、投資の世界で勝ち続けるためには、利益が出やすいところを狙って投資する必要があります。

つまり、個別銘柄、225先物、FX、海外投資、不動産等、勝ちやすいところは何でも狙うということです。

釣りと同じで、簡単に釣れるところで竿を出すと、簡単に釣れますよね。素人でも入れ食いです。しかし、魚のいないところに竿を出しても釣れません。もちろん、プロでも坊主(釣れないってことです)。当たり前です。

投資も同じなんです。勝ちやすいところで勝負すれば勝てます。しかし、多くの人は、そんなことしません。簡単に勝てるところで勝負をして、その利益で好きなことをする!これが、全方位投資の理念です。

株で勝ち続けるには損小利大のスイングトレードに徹すること

損小利大のスイングトレードに徹すれば必ず利益を出せます。問題はエントリーのタイミング。これを解決するため生まれたのが、世界一シンプルな投資手法、「くいっとチャート&がっくりチャート」。

「くいっとチャートとがっくりチャート」の頭文字を取り、テクニカル指標らしく略して「KG分析」。これが出来れば負けることは考えにくいですね。

多くの個人投資家の勝てない理由を徹底分析し、勝つためのアドバイスを送ったり、値動きの読みやすいチャートパターンを教えたり、と相場で生き残るためのノウハウを提供する尾崎塾の基礎ができたのが2004年。

損小利大のスイングトレードを初動で仕掛ける!これを基本的コンセプトとして、尾崎塾が開誕生したのが2005年。

そこから多くの個人投資家の快進撃が始まったと思います。

株の初心者がスイングトレードで勝つためにやるべきこと

株で勝つためには常に相場と共に

尾崎塾の理念は「常に相場と共に」。日々、相場と対峙し、値動きを観察する。そして、そこから得たヒントをトレードに落とし込む。

そして、これを繰り返すのみ。地味な作業ではありますが、そうすると相場を読み解くことも可能となります。

野球でもゴルフでも素振りと言う地味なトレーニングがあとあと大きな力の源泉となることを意識すべきです。

さらには、強い投資家育成のために情報・手法を届けるという事から、自らが常に投資家でなくてはならないという理念です。

世界一シンプルなテクニカル指標とは?

数えたことはありませんが、テクニカル指標の数は相当あります。どれを使うべきなのか?という段階でも悩みますが、この問題をクリアーしても、使いこなせるまでに時間がかかります。

しかも、そのテクニカル指標が使えないと理解すると、また次のテクニカル指標を研究しなければなりません。

そこで、入門者・初心者でも利用できて、投資判断も明確にできて、しかも世界一シンプルなテクニカル指標、「くいっとチャートとがっくりチャート」を紹介します。

くいっとチャート・がっくりチャートとは、5日移動平均線を使い、エントリー&エグジットのタイミングを見極めるテクニカル指標です。

くいっとチャート・がっくりチャートを簡単に図解しますね。

下向きの5日移動平均線の傾きが徐々に緩やかになり、やがて水平になり、そして“くいっ”と上向きになった時が、「くいっとチャート」という買いサインを表すチャートパターンとなります。

反対に、上向きの5日移動平均線の傾きが徐々に緩やかになり、やがて水平になり、そして、“がっくり”と下向きになった時が、「がっくりチャート」という売りサインを表すチャートパターンとなります。

たったのこれだけです!

つまり、くいっとチャートは買いサイン、がっくりチャートは売りサインとして相場を眺める世界一シンプルなテクニカル指標です。

では、この世界一シンプルなテクニカル指標が使えるのかどうかを検証してみましょう。

世界一シンプルなテクニカル指標でチャート分析をしてみよう

くいっとチャート、がっくりチャートって呼ぶと、かなり親しみやすいですが、簡単すぎて信頼性に欠けるかな、と思われるかもしれません。

そこで、「くいっとチャート・がっくりチャート」を使って分析することを、くいっとチャートの頭文字K、がっくりチャートの頭文字Gをとって、KG分析と名付けることにしました。

このKG分析が実際に使えるのかどうかを検証してみましょう。

では、実際に下記の225先物のチャートを使ってKG分析してみます。

ややこしいルールは決めずに、実際にくいっとチャート、がっくりチャートになっている部分に○印をつけ、大まかに損益を計算してみます。

下記チャートの○印のところを見てください。

左の○印は「がっくりチャート」になっているところで、右の○印は「くいっとチャート」になっているところです。

さらに、大体の値位置を確認します。

がっくりチャートになったところが17200円ぐらいで、くいっとチャートになったところが16200円ぐらいかなという感じで大丈夫です。

そうすると、17200円ー16200円=1000円の利益となる事がわかります。

こんな感じで、チャート全体をKG分析します。そうすると、非常に興味深いことが分かりました。

この約2年半で2300人以上の方にKG分析をやって頂きました。結果は、なんと「マイナスになった人は、ひとりもいない!」のです。

しかも、利益総額の平均は約5000円です。ラージ1枚でトレードするとしたら、利益は約500万円となります。

これって凄くないですか!!?世界一シンプルなテクニカル指標だけでも利益が出るのですよ。

多くの個人投資家は難しい勉強を相当していますが、どんなテクニカル指標でもテクニカル指標自体のもつポテンシャルを最大限に引き出した使い方をしてやれば、かなり使えるのです。

そして、KG分析に慣れてきたら、本格的な移動平均線分析も研究していきましょう。

移動平均線の使い方を知れば株は勝てる

くいっとチャート&がっくりチャートが儲からないと言われる理由

これ以上シンプルな手法、考え方はないというKG分析。

しかし、たまにですが、「くいっとチャート&がっくりチャートは儲からない」というような声をセミナー後の懇親会で言われたり、書籍を読んでいただいた方からメールが来たりします。

そもそも論ですが、どの投資手法やどのテクニカル指標を使っても、利益が出る時と利益が出ない時があります。

そこにはそれぞれ理由があって、利益が出せないのは、はっきり言って、利益の出せないトレードをしているからなんですよね。では、その理由を具体的に検証していきましょう。

そもそも使う局面を理解していない

くいっとチャート&がっくりチャートが使えないという理由ですが、使う局面や使い方が悪いというのが最大の理由です。

適切な局面で使ってやらなければ、トレードで生き残ることは不可能です。言い換えると、そうしないと勝てないんですよ。

逆転の発想をすると、「相場で勝てる手法はこれです!」なんて投資手法があるなら、その一つの手法だけやり続ければ、すぐに大金持ちになれます。爆

多種多様な投資手法が存在しているという事は、裏を返せば「この手法だけで投資をやっとけ!必ず儲かるから!!」というような手法なんて存在しないと言うことを意味します。

つまり、儲かると聞いた投資手法でトレードしてみたところ、相場状況が把握できていない上、使う局面が間違っていて、ロスカットになり、この手法は使えねーとなるのだと思います。

その投資手法の持つポテンシャルを最大限発揮させるには、その手法の正しく使うことです。

そうすると、どんな手法でも利益が出せるのです。もちろん、そこから先は同じ相場に向かっても、個人投資家のスタンスや技術レベルや経験でトレード結果に差は生まれるのは当然ですね。

使うタイミングをしっかりと理解できてない

これも先ほどと同じような事なんですが、相場状況やエントリーのタイミングによって投資手法も使い分ける必要がありますね。相場状況に合った適切な投資手法を使うのが勝つための大原則。

適切な投資手法と適切なエントリーのタイミングでアプローチすれば、結果はついてきますよ。もちろん、これを知らなければ、負ける可能性はかなり高くなります。

有名なメディアでピックアップされた銘柄にひたすら飛びついて、「いやー株式投資って勝てねぇーよなー!!」的なことをやっていたらすぐに資金がショートします。

じっくりと相場と対峙し、知識力、技術力をアップさせながらのトレードなら、たとえ負けることになっても経験としてストックされることになります。 これはとても重要です。

株で勝つためには投資対象と投資手法のマッチングが最重要事項

株式投資、225先物、225オプション、FX、商品先物など投資対象はいろいろあります。また、投資手法は、少なくとも数千はあると言われます。

よくよく考えてみると、そもそも投資手法のポテンシャルは限定的なもので、どんな相場局面で、どの金融商品に、どんな投資手法を適用するのかという、状況判断こそが投資の本質です。

前述しましたが、間違った投資手法でいくらトレードしても勝てませんよ。ここを間違っちゃうと、「この手法は使えねー」と言った答えになっちゃうのよね。もっと深く言うと、「よく使える投資手法」、「あまり使えない投資手法」というのはあります。

しかし、最も重要なのは、「いまの相場状況でどの投資手法を使うのかを判断できるかどうか」、これが投資の本質です。

もちろん、投資家の力量も問われてくるので、トレードの知識量や技術レベル、経験等で投資利益に差が出ると言う訳ですね。

くいっとチャート&がっくりチャートが使えると言われる理由

KG分析、これって使えない・・・という声もあるけど、やっぱり圧倒的に使えると言う声の方が多いです。シンプル手法だけに奥が深いのです。

研究すればするほど、分析すればするほど、経験を積めば積むほど、この手法の魅力に取りつかれます。そして、トレードの根源となるものは、クリアーなチャートイメージ。つまり、

「この相場で、こういう投資手法を適用し、この値幅をとる」

という感じです。このトレードイメージが描ければ、あとはチャンスを待つ。つまり、くいっとチャート&がっくりチャートの登場を待つことです。このエントリーチャンスを待つことも、投資家の重要な仕事です。

正確に書くと、くいっとチャート&がっくりチャートを使うというよりかは、タイミングをとるためのツールです。なので、いろんな投資手法と組み合わせが可能なのです。使い方はアイデア次第です。

株で勝つための投資哲学

相場で生き残るために必要なことは何か?

これまで書いてきた内容をさらに突っ込んで考察することで見えてきます。つまり、相場と対峙し続けることで、今の自分に必要なものが見えてきます。

特に上手く行かないときには、「なぜなのか?」という観点から、相場をより観察・より研究します。

それでも上手く行かないときには、もっともっと深く掘り下げてより観察・より研究していく必要があります。そうすると、別次元のチャートや相場観が湧いてきます。「神は細部に宿る」って感じですかね。

それともうひとつ、これも投資哲学といってもいいでしょうが、思考が洗練されているということのあらわれでもあります。

「Simple is Best」

シンプル化されるまでの過程はかなりのもの。相場をより深く、より広く観察・研究し、そのエッセンスを拾い上げ、流れを読む。チャンスが来たら、ピョンと飛び乗る感じ。なので、正確に表現すると、

「Less is more」

の方がぴったりかな。Less is moreを日本語に直訳すると、「より少ないことはより多いこと」って感じですが、ちょっとわかりやすく訳すと、「少ないことは豊かなこと」となります。

物が少ない方が心や人生は豊かになるね、という考え方です。イメージとしては必要なもののみを残してあとは捨てる、断捨離のような感じです。

複雑な相場をひとつひとつ紐解いていくには豊富な知識に加え、なんといっても相当な時間と努力が必要となります。時間をかけて、ひとつずつ勝てる秘策を構築していく。そんなこだわりを持って相場と対峙していくのが尾崎流です。

まとめ

株で勝つためのシンプルな思考と手法について、いかがでしたでしょうか?

ゴールはあくまでどんな相場でも利益を出すこと。これを実現するために、様々な投資手法があり、その様々な投資手法は様々な相場状況でそれぞれの役割を果たし、利益をもたらしてくれる、ってことですね。

投資の世界で生き残るための考え方を掘り下げて書いてみました。相場で負けるには負ける理由が存在します。それをひとつずつ潰して、利益を重ねていきましょう。あなたの資産を増やすためにお役に立てれば幸いです。

シンプル思考とシンプル手法が利益を呼び込む!というエッセンスを詰め込んだのがこの書籍です。

内容はスイングトレードで、まったりとしっかりと利益を出すって感じで書いています。5冊目ということもあり、ブラッシュアップされた新刊をぜひお手元に置いてトレードしてください。※2018年4月14日発売

そうそう、タイトルは、株でゆったり月20万円。「スイングトレード」楽すぎ手順」です。

それでは、今日もスマートトレードを。

 

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    尾崎式史

    独自のチャート分析をもとに相場を張っている現役トレーダー。チャーチストと言われるにもかかわらず、ファンダメンタルズ分析やヒストリカル分析にも詳しい。中でも暴落・暴騰分析は抜群である。メルマガでの的確な天底予測では多くの読者が驚愕する。セミナー講師としても引っ張りダコ。登壇回数は800回を超える。相場の本質を突いた解説はプロからも定評がある。書籍は出せば売れると業界でも注目株。2018年4月に5冊目の新刊が発売されている。