25日移動平均乖離率を使って勝つ方法

移動平均乖離率は短期トレーダーの必須テクニカル指標

移動平均乖離率って聞いたことあるけど、しっかりと説明できる人は案外少ないのかな、と思います。でも、勝ち続けている個人投資家の手法を聞いてみると、この移動平均乖離率を参考にしている人が非常に多いです。

移動平均乖離率が使われる理由は、トレードがしやすいから、銘柄の下調べにそれほど時間がかからないから、だと思います。

しかも、チャートイメージがしやすいし、実際にトレードすれば利益につながることが多いので、なおさらです。

移動平均乖離率のなかでも、特に25日移動平均乖離率が人気

移動平均乖離率のなかでも、特に25日移動平均乖離率を使っている人が多いです。もちろん、私も25日移動平均乖離率の愛好家です。

なぜなら、証券会社のチャートソフトで25日移動平均乖離率のスクリーニングも出来ますし、何といっても利益になるのが早いからです。まさしく、25日移動平均乖離率投資法とも言えます。

ここでは、そんな移動平均乖離率、特に25日移動平均乖離率を使って、勝てるトレードの仕方や値動きの読み方について詳しく解説していきます。

移動平均乖離率とは

移動平均乖離率とは、現在の株価が移動平均線からどれぐらいはなれているのかを表した比率を言います。

まずは、移動平均線とは何ってなりますので、移動平均線について解説しておきます。

移動平均線とは、一定期間の終値の平均値を計算し、その数値を線としてつなぎ合わせたものを言います。証券会社のチャートツールを立ちあげ、株価チャートを見るとローソク足の沿って、2~3本の線が絡むように描かれていますね。これが移動平均線です。

通常、日足チャートならチャート内には、5日移動平均線、25日移動平均線、75日移動平均線が描かれています。今のチャートツールはいろいろとカスタマイズが出来ますので、自分の投資スタイルに合わせて、10日、20日、50日、100日等のいろんな移動平均線が設定できます。

では、実際に移動平均線の計算してみましょう。

基本的に期間が違うだけで計算方法は同じなので、5日移動平均線を例にします。5日移動平均線なので、直近5日間の終値の合計を単純に5で割ります。

2月1日の終値 312円
2月2日の終値 318円
2月3日の終値 325円
2月4日の終値 330円
2月5日の終値 345円

5日移動平均線の株価
=(312+318+325+330+345)÷5
=326円

このように日々、終値ベースで5日移動平均線の値位置を計算していきます。この値位置を毎日チャート内にプロットし、それをつなぎ合わせていきます。この軌跡が5日移動平均線となります。

この5日移動平均線と現在の株価との差の比率が、5日移動平均乖離率となります。そして、5日移動平均線ではなく、25日移動平均線を使った場合が、25日移動平均乖離率となるわけです。

では、なぜ移動平均線や移動平均乖離率が重要なのでしょうか?

実は、移動平均線から乖離しすぎた株価は、移動平均線の方向へ引き寄せられる力が働くからです。つまり、この値動きをターゲットに利益を取りに行くのです。これが移動平均乖離率トレードの最重要事項です。

実践では、25日移動平均乖離率を使ってトレードするのことが多くなると思います。そこで、25日移動平均乖離率を使って、もっと具体的かつ実践的に見ていきましょう。

25日移動平均乖離率とは

25日移動平均乖離率とは、現在の株価が25日移動平均線からどれぐらいはなれているのかを表した比率を言います。

25日移動平均乖離率のイメージとして、簡単チャートを作ってみました。

移動平均線から乖離しすぎた株価には、移動平均線の方向へ引き寄せられる力が働くというのだから、この値動きを利益に変えたいですね。

一般的に25日移動平均乖離率が何パーセント以上なら買いとか売りとかをやっていると、たまには勝てますが、そのうち負けます。重要なのは売買のサインが点灯したかどうか、です。

25日移動平均線乖離率とくいっとチャート&がっくりチャートを組み合わせ戦略

株価は25日移動平均線から乖離すると、元に戻ろうとする圧力が働きます。特に、暴騰・暴落、急騰・急落して行き過ぎると、必ずと言っていいほど、25日移動平均線に向けて、急激に走り出します。

つまり、ローソク足(株価)が25日移動平均線から行き過ぎた状態を利益に変えるのです。

25日移動平均線を基本戦略とした場合は、逆張り戦略も有効です。ただし、大局的なトレンドとは反対の動きを狙うので、値動きの観察はしっかりとしてください。

エントリーのタイミングがつかめないのでしたら、くいっとチャート&がっくりチャートを使ってください。

売買サインが点灯すれば、単なる逆張り作戦から脱却できますし、精神的なストレスも軽減されます

また、このような局面は値動きも早いことが多く、ちょっと怖いですが、何度も同じような局面が到来しますので、少しずつ身に付けていきましょう。なんといっても、利益になりますから。

25日移動平均乖離率がダメなら他のテクニカル指標も使う

このかなり有効な25日移動平均乖離率ですが、他のテクニカル指標と同じように、使える局面とそうでない局面があります。なので、その時の相場や狙っている銘柄の動きにあった移動平均乖離率を使いたいですね。

そんなこと言われても、自分では移動平均線分析や移動平均乖離率分析なんてできない!というのでしたら、勝てるチャンスが来るまで待つか、25日移動平均乖離率が使える銘柄を探しましょう。

いずれにせよ、使えない時に使えば損失につながりますので、使っちゃだめですよ。

まとめ

25日移動平均線乖離率を使って勝つ方法、如何でしたでしょうか?

25日移動平均線乖離率投資法ってすごくシンプルな投資手法です。

いろんなテクニカル指標がありますが、あれこれと目移りすることなく、この25日移動平均乖離率とくいっとチャートとがっくりチャートだけでも相場で勝つことは十分可能です。

ちょっと相場研究して、行けるな!!と確信したら、この25日移動平均乖離率を徹底的に研究してみてください。努力の結果は利益という形で表れますから。

では、25日移動平均乖離率を使いこなして大勝ちしたメールを楽しみにしております。笑

もし、25日移動平均乖離率を使った投資法はちょっと難しいと思ったら、まずは移動平均線の使い方をマスターしましょう!!

移動平均線の使い方を知れば株は勝てる

ABOUTこの記事をかいた人

尾崎式史

独自のチャート分析をもとに相場を張っている現役トレーダー。チャーチストと言われるにもかかわらず、ファンダメンタルズ分析やヒストリカル分析にも詳しい。ヒストリカル分析の中では暴落分析が抜群である。メルマガでの的確な暴落予測では多くの読者が驚愕する。様々な投資のセミナー講師としても引っ張りダコ。セミナーでの相場の本質を突いた解説はプロからも定評がある。書籍は出せば売れると業界でも注目株。2018年4月に5冊目の新刊が発売されている。