欧米市場と上海市場は同時反発局面入りか?

売り込まれた上海市場。

約3週間で約30%の下落を演じた。

まさしくバブル崩壊にふさわしい。

20150708-ssec

あとはこれから始まる不動産価格の崩落。

こちらも注目したいね。

さて、暴落には暴騰がつきものの相場。

とすれば、欧米市場と上海市場が同時反発局面に入る可能性も高い。

ダウは下髭の長い陽線。

20150708-dow

ロンドンも売り込まれているのでそろそろである。

20150708-ftse

これに伴い、日本市場もその恩恵を受けそうである。

崩れそうで崩れなかった225先物。

20150708-225d-b1

このタイミングで上昇してくる可能性もシナリオに入れたいね。

もちろん、チャート的にはもみ合い色が強い。

ここは値動きの読みやすい銘柄で丁寧に行きたいですな。

ということで、今日も頑張りましょ。

ABOUTこの記事をかいた人

尾崎式史

独自のチャート分析をもとに相場を張っている現役トレーダー。チャーチストと言われるにもかかわらず、ファンダメンタルズ分析やヒストリカル分析にも詳しい。中でも暴落・暴騰分析は抜群である。メルマガでの的確な天底予測では多くの読者が驚愕する。セミナー講師としても引っ張りダコ。登壇回数は800回を超える。相場の本質を突いた解説はプロからも定評がある。書籍は出せば売れると業界でも注目株。2018年4月に5冊目の新刊が発売されている。