棒下げ相場を演じるのか、それとも反発か

日欧米株式市場にドル円の動きを見ての通り、オールインワンマーケット。

オールインワンマーケットでの下落は値幅がデカい。

かといって、特に珍しい値動きではない。

これは過去の値動きと全く同じである。

さまざまなメディアで株価暴落が報じられているが、こうなれば反発開始かな。

新たな仕込みをするなら反発してほしいね。

いろいろ質問を頂くが、この下落は単なる押し目ではない。

長期に渡る株価下落は始まったばかりである。

ヒンデンブルグの予兆とは単なる調整の押し目をつくることではなく、暴落、パニック売り、棒下げ相場をさすことを忘れてはならないのである。

さて、いつものダウ、ドル円、225先物チャートを見てみよう。

20141015-dow-b1 20141015-fx1d-b1 20141015-225d-b1

さらにユーロドルのチャートも興味深い。

再度、きれいながっくりチャートを形成している。

20141015-fx3d-b1

売り仕掛けからの下落で気分はいいが、さすがに利食うとあとは次のチャンスを待つだけ。

とするなら、反発が待たれるところである。

反発せずに棒下げ相場を演じるか???

今週の注目ポイントでもある。

ABOUTこの記事をかいた人

尾崎式史

1969年大阪生まれ。 月に一度のペースで行くバンコクでも相場から目を離さないという相場好きである。 寝ても覚めても相場のことしか考えていないようだが、近いうちに塾生さんといく海外セミナーを目論んでいる。 大阪北新地界隈、バンコク によく出没する。