第15回|賢い投資家は視野が広く、知識が豊富

cat_chart

数人のデイトレーダーに今年のパフォーマンスを聞いてみると、結果は二極分化しています。相場に柔軟に対応できているトレーダーは、かなりのパフォーマンスを上げているのに対し、新興市場銘柄に固執しているトレーダーはイマイチということです。

第15回

ただ、新興市場銘柄は大きく売り叩かれ、再浮上することはなかったですが、売られっ放しで終わらないのが相場の常。とすると、何かのきっかけで、トレンド転換の可能性は高いですね。もうしばらく軟調な展開が続きそうですが、動き出したら、思い切って仕込んでみるのも面白そうです。

ということで、読者の方から頂いた質問をここでお答えしたいと思います。

まずは、「テクニカル分析とチャートリーディングの違いは?」という質問です。

テクニカル分析はテクニカル指標を見るだけですが、チャートリーディングは、テクニカル指標以外の様々な要因も考慮します。デイトレードにおいては、値動きのレンジを読みます。すべての事象を想定してトレードに挑む!これが、チャートリーディングです。

次は、「初心者が株式投資で勝つためのコツは?」という質問です。

答えは、ズバリ、気合を入れて研究することです。トレードはある意味スポーツに似ています。上手くなりたいのなら、基本をマスターし、実践を積む必要があります。いきなり爆発的な利益を得ようとするのは夢の中だけにして、しっかりと値動きを読む力を付けるべきです。

場合によっては、投資スクールに行くのもよしです。(尾崎塾)

特に地合いが悪くなったら勝てないという人が多いですが、これでは真の投資家ではないですよ。空売りというツールも使いながら、利益を伸ばしていきましょう。

プロの思考は実にシンプルですよ。

ABOUTこの記事をかいた人

ozayan

1969年大阪生まれ。 月に一度のペースで行くバンコクでも相場から目を離さないという相場好きである。 寝ても覚めても相場のことしか考えていないようだが、近いうちに塾生さんといく海外セミナーを目論んでいる。 大阪北新地界隈、バンコク によく出没する。