第1回|株はチャートで始まり、チャートで終わる!

cat_chart

ここでは、連載形式で、チャートリーディングについて、解説していこうと思います。

第1回

チャートリーディング とは何か?

簡単に言いますと、『チャートを読む』ということです。

そのままじゃないか、と言われそうですが、要は値動きを読むことです。 株はギャンブルだ!と思っている方も、かなり多いですが、実はかなり正確に 値動きを読むことが出来ます。

どこで寄り付いたら、どういう動きをするのか?株価はどのレンジで動くのか? 深い読みが出来るようになれば、値動きをピタリと読むことも出来ます。

そもそも、チャートは、あらゆる事象を反映しているものです。

もちろん、完璧ではありません。とすると、客観的事実を表しているチャートを如何に読み切るか?ここにチャートリーディングの面白さがあります。

気象予報士が、明日の天気を予測するのに、天気図を使いますよね。株も同じです。 明日の値動きを予測するのに、チャートを使います。全く同じです。

つまり、チャートが読めるようになると、かなり正確に値動きが読めるようになるのです。もちろん、天気予報と同じで、外れることもありますが、大きく外すことは少ないです。

多くの投資家は、エントリーの際、上がることしか考えていません。つまり、下げたときの 対処法を考えていないのです。これが、ロスカットが遅れる原因ですね。

挙句の果てに、どうなるかと言いますと、上がれ上がれと祈るようになります。 この上がれ上がれと祈るようなトレードを、弊社が運営する投資塾では、 『祈りのトレード』と呼んでいます。(笑)

『祈りのトレード』は、健康を損なう恐れがありますので止めましょう。

ロスカットできない理由は、エントリーの際、株価は上がるものだという思い込みや、株価の動くレンジが読めていないからです。

エントリーするにあたり、トレードシナリオを描く。この時、あらゆる値動きに対して 準備をしておくことです。

すべての事象を想定内にしておく。

これが、究極のチャートリーディングです。

チャートを読み、楽しい投資生活をしましょう。次回から、具体的内容に入っていきます。

ABOUTこの記事をかいた人

ozayan

1969年大阪生まれ。 月に一度のペースで行くバンコクでも相場から目を離さないという相場好きである。 寝ても覚めても相場のことしか考えていないようだが、近いうちに塾生さんといく海外セミナーを目論んでいる。 大阪北新地界隈、バンコク によく出没する。