ダウは上値目処にタッチ、方向転換ならサインが出るのを待つ

225先物は9月29日に16360円を付けてからの下落。

その下落幅は約2000円。

そして、その半値戻しが完了。

チャート的にも反発も完了、教科書的な上値目処にタッチした。

注目すべきは、ここからの動き。

ダウは25日移動平均線タッチした後に若干失速。

20141024-dow

ドル円は25日移動平均線近辺。

20141024-fx1d-b1

225先物はもう少し上値を追いかけてもよさそうだが。

20141024-225d-b1

相場悲観論者からすればそろそろ逆張りエントリーの開始かな。

もちろん、打診的に。

値位置的には分岐点。

じわじわと方向転換するのかな。

来週は第2幕を期待したいものですな。

もし、ここからさらに上昇になった場合は一旦撤退。

次のチャンスを待つべし。

ということで、今日の値動きを注視です。

 

ABOUTこの記事をかいた人

ozayan

1969年大阪生まれ。

月に一度のペースで行くバンコクでも相場から目を離さないという相場好きである。
寝ても覚めても相場のことしか考えていないようだが、近いうちに塾生さんといく海外セミナーを目論んでいる。

大阪北新地界隈、バンコク によく出没する。