225先物は反発の上値目処に来ている

 

ヒンデンブルグの予兆が出てじわじわと方向転換。

そして1週間後に売りサインが点灯した米国株式市場。

もちろん、このヒンデンブルクの予兆も100%のパニック下落を保証したものではない。

しかし、である。

押し目を作って再上昇というのは確率的に10%未満である。

ダウのチャートを下見てみよう。

20141006-dow

げたら上げるのが相場の常だが、その上げの局面を迎えている。

どこまで戻るのか?

チャート的にはそんなに上値目処ない。

では、225先物のチャートを見てみよう。

20141006-225d-b1

こちらも同じく反発局面は終了してもおかしくない。

しっかりと5日線レジスタンスである。

今日は今後の展開を占うにおいて重要な節目での動きである。

そして、米雇用統計をきっかけに再度円安に振れたドル円。

20141006-fx1d-b1

こちらも重要な節目に来ている。

20141006-fx1m-b1

いよいよオールインワンマーケットを呼び込むにふさわしい動きとなっているようにも見える。

今週は気合を入れていきましょう。

 

ABOUTこの記事をかいた人

ozayan

1969年大阪生まれ。

月に一度のペースで行くバンコクでも相場から目を離さないという相場好きである。
寝ても覚めても相場のことしか考えていないようだが、近いうちに塾生さんといく海外セミナーを目論んでいる。

大阪北新地界隈、バンコク によく出没する。