ヒンデンブルグオーメンのサインの有効性を調べるのも重要!!

先週、小生の記事がヤフーニュース、ヤフーファイナンス、グノシー等で取り上げられたことを書きました。そのためか、去年出した小生の書籍が株式投資部門で1位になりました。また、増刷もかかりました。あざ~す!感謝です!!

いろいろとメールを頂きました。ありがとうございます!!

他にも紹介された記事があるのですが、そのうちのおすすめ二つをどうぞ!!

100万円を「7年で1億円」10倍も狙える新興銘柄の選び方※ヤフーニュース

⇒  https://goo.gl/aoZ7ue

一発勝負の「アホトレード」はするな 知っておきたい3つのチャート分析※グノシー

⇒  https://goo.gl/LNRA8E

 

では、相場について。

ブログには書いたのですが、米国株式市場は最後の上昇に入っています。ここからの上昇は、上昇すればするほど、次の転換点サインが楽しみとなります。(笑)

ヒンデンブルグオーメンのサインが点灯し、相場はちょっとざわめきました。なんせ、暴落を呼ぶというのだから、それはそれは気になるサインですよね。でも、暴落なんかせず、上昇を継続するパターンもあるのですよ!では、下落に転じるのか、それとも上昇継続か、その見分け方なんてあるの?

それがあるのですよね!!(驚)

下落に転じるというサインが出たらなら、その確率は90%以上です。ただ、その下落幅が単なる調整に終わるのか、それとも、大きな下落を呼ぶのかは様々ですが。なので、サインが出たからと言って、すぐさま飛びつくのも危険です。つまり、飛びつく前に、そのサインの有効性について考える必要があるのです。

すぐさま飛びつくというワンパターンで対応していると、思惑が外れた時にそのサイン自体が信用できなくなります。

そして、これは使えねぇ~~ってなります。(爆)これはもったいないですね。なので、賢い投資家になるために、ヒンデンブルグオーメンのサインの有効性を調べるのも重要です。

相場状況によっては、小さなサインをかき集めて、大きなサインを読み解くこともできますから!

ちなみに、暴落のサインを読み解くのもこんな感じです。暴落研究家って地味な作業してるでしょ!?(笑)ということで、6月最終週の相場は緊張感をもって観察したいですね。

【編集後記】

相場はフィンテック関連、暗号通貨関連で賑わっていますね。このためか、ビットコインのチャートを見るなら、どこがいいのですか?という質問を頂きます。まぁ、どこでもいいと思うのですが、やはり、最大手ビットフライヤーが良いと思います。

⇒  https://bitflyer.jp?bf=m2ptxola

手続きは簡単ですよ。マイナンバーは入りません。ビットコインはIPO銘柄のように乱高下しているので、デイトレターゲットになりますね。お暇なときにでもどうぞ。値動きは、見ているだけでも結構面白いですから。(爆)

ということで、良い休日を。

ABOUTこの記事をかいた人

ozayan

1969年大阪生まれ。 月に一度のペースで行くバンコクでも相場から目を離さないという相場好きである。 寝ても覚めても相場のことしか考えていないようだが、近いうちに塾生さんといく海外セミナーを目論んでいる。 大阪北新地界隈、バンコク によく出没する。