第2幕はどうなるの? 絶対に取りたいです!

1月4日から8日の下落で個人投資家
は約2年ぶりに買い越しています。

その金額は、5814億円。

しかし、株価は下げ止まることなくさらに下落。
1929年を超える下落となりました。

こうなれば、当然含み損を抱えることになります。
この状態をどうクリアーすればいいのか?

そもそもエントリーのタイミングが悪いですね。
しっかりとチャートを確認しないと。

中途半端なところでエントリーすると
ロスカットするタイミングも難しくなります。

つまり、ロスカットした後に思惑通り動くことになります。
買い戻せば下がるし、投げれば上がる、、、ってやつですね。

そうならないためにエントリー
のタイミングに集中するのです。

ところで、第2幕はどうなるの?
絶対に取りたいです!ってメールも頂きます。

1929年パターンか、1989年バブル崩壊パターンか、
いくつかの値動きが想定されます。

今週は重要イベントもありますので、決め打ちせず
に相場の流れに乗ることに集中したいですね。

1929年パターンならぐいっと上昇して、
上げ止まりから一気に下落。

こうなれば、この時に点灯させる
売りサインには注目ですよ。

20160126-dow

もちろん、さらなる金融緩和の材料が出て噴き
上げる可能性もありますので、ここは注意です。

もちろん、噴き上げた後はチャンス
到来となるかもしれません。

昨年の12月18日のように。

☆お知らせ☆

尾崎塾ファイナルの募集中です!!
⇒ http://www.104juku.com/

【編集後記】

1929年のような暴落は来ないよ!
という人もいてますね。

同じように、ここが絶好の買い場だ!
という人もいてます。

まぁ、いろんな投資家さんがいてます。

でも、我々は周りの意見に振り回されることなく、どんな
値動きになっても、スマートにトレードしていきましょう。

勝つのはいつも少数派ですから!!

ABOUTこの記事をかいた人

ozayan

1969年大阪生まれ。 月に一度のペースで行くバンコクでも相場から目を離さないという相場好きである。 寝ても覚めても相場のことしか考えていないようだが、近いうちに塾生さんといく海外セミナーを目論んでいる。 大阪北新地界隈、バンコク によく出没する。