第1幕の暴落は1929年を超えた!とすると、第2幕はどうなる?

暖かいシンガポールから戻れば日本は寒波。
いやぁ~、寒い・・・

相場も極寒の大暴落を演じました。

この下落をいろんな角度で分析すると、
軽く1929年の恐慌を超えますね。

第1幕の暴落は1929年は17%超。
今回の225先物は20%超。

これって、第2幕が始まれば、
ちょー、見ものですよ!!

こういう時、どう対応したらいいのか?って、
どこへ行っても聞かれます。(笑)

でも、相場の世界、落ちれば戻ってきます。
ということで、上手くいけば来週一杯反発かな。

昨日の急騰が誘い水となり、
短期的に相場に買いを呼び起こします。

チャートを見ると、ダウも225先物も反発しています。

20160123-dow-b1 20160123-225d-b1

225先物はきれいな反発くいっとチャートを形成しています。

そして、何事もなかったように平静

に戻ったところが仕掛けどころ。

もちろん、我々はチャートでの売り
サインを確認してからですね。

そうそう、この恐慌入りを演じる暴落の
波に乗り遅れそうな人は来てくださいね。

尾崎塾ファイナルの募集中です!!

⇒ http://www.104juku.com/

ということで、素敵な週末を。

★パフォーマンスを最大限にするチャート分析★
チャート分析=テクニカル分析+ファンダメンタルズ分析+ヒストリー分析
この思考回路が相場で大きな利益をもたらします!!

【編集後記】

今が買いなのか!?
相場に縁のない友人ですら暴落に興味津々。

そして、バンコクでもシンガポール
でも相場について聞かれまくり。(笑)

おまけに電話はなりまくりだし、
メールの問い合わせも過去最高かな。

このビッグチャンス、逃したらダメですよ。
見逃しそうなら、今すぐお越しくださいませ。(爆)

⇒ http://www.104juku.com/

ABOUTこの記事をかいた人

ozayan

1969年大阪生まれ。 月に一度のペースで行くバンコクでも相場から目を離さないという相場好きである。 寝ても覚めても相場のことしか考えていないようだが、近いうちに塾生さんといく海外セミナーを目論んでいる。 大阪北新地界隈、バンコク によく出没する。