第2幕が来るのなら1~3週間以内というチャート分析

地獄のような忙しさもようやく落ち着いてきたかな。

休養を兼ねて、来週は南の島へ向かうことにしよう。

相場に集中するという意味でもいい環境である。

さてと、バタバタとしているうちに相場は
第2幕の気配を感じさせるようになってきた。

1929年再来となるか、この1~3週間が勝負かな。

大きく落ちるような兆候も見せている。

どうなるかはお楽しみ。

ということで、チャートを見てみると、
225先物もドル円も三角持ち合い形成中。

20151002-225d-b1 20151002-fx1d-b1

ダウもここから落ち始めればいい感じ。

20151002-dow

今晩の雇用統計が起爆剤になるかもね!?

そうそう、値動きは読めるのですね!というメール。

そう、この本を読めばね!!

goo.gl/wJ3cnf

第2幕に備えるという意味でもいいですよ。

ということで、よい週末を。

ABOUTこの記事をかいた人

ozayan

1969年大阪生まれ。

月に一度のペースで行くバンコクでも相場から目を離さないという相場好きである。
寝ても覚めても相場のことしか考えていないようだが、近いうちに塾生さんといく海外セミナーを目論んでいる。

大阪北新地界隈、バンコク によく出没する。