米国株式市場は1929年の夏相場の動きと酷似している

暴落後の相場は想定通りの反発。
しかし、想定外は予想以上の上昇。

節目で仕掛けるも、さっくとロスカット。
こんなこともありますね。

ところで、大きな利益を獲得したら、
絶対に吐き出したらダメですよ。

多くの人は調子に乗ってトレードして、
その利益を吐き出します。

今週はそんなメールも頂いています。
大勝ちしたのにやられました、、、と。

利益を吐き出すくらいなら笑い話で済みますが、
大きな損失になると笑えませんね。

ここは気を付けたい重要ポイントです。

前回、移動平均線分析に関する解説をしたためか、
移動平均分析の質問が多い週でした。

ひとつの手法として、移動平均線を使うのはいいのですが、
その前に移動平均線分析の限界を認識する必要があります。

どんな分析方法にも限界があります。
この限界を超えたところは読み解けないのです。

ここを無理に解釈したり、自分の理論を押し付けたり、
相場観を押し込んだり、、、、

ここが大きな間違いであることに
気が付いていない人が多すぎです!!

特に手法にこだわった人やシステム
トレードに注力してる人ですね。

結果が出ないのでしたら、発想を変えるべきです!!

ここをしっかりと認識すべきです。
そこを知りたい人はこの書籍です。

努力の方向性が間違っていなければ、

そのうち利益が出せますよ!!

読者サポートしますので!!(爆)
ご質問くださいませ~~。

今後の相場の動きですが、米国株式市場が
1929年の夏相場の動きと酷似しています。

米国株式市場が上値試しに行くのなら、225先物も前回
高値の20950円をブレイクしてくる可能性も高いです。

上値試しに成功し、楽観論に満たされたら、
そこが天井となりそうです。

ちなみに、1929年の天井は9月3日です。

ただし、もみ合い色も強くなってきますので、
慎重にトレードしましょう。

ちなみに、今日の225先物はこんな感じです。
そろそろ調整の陰線1本が来るかも知れませんね。

20150717-225d-b1

それか、次の売りサイン点灯待ちでもいいですね。
ちなみに、小生はこれです!(笑)

ABOUTこの記事をかいた人

ozayan

1969年大阪生まれ。 月に一度のペースで行くバンコクでも相場から目を離さないという相場好きである。 寝ても覚めても相場のことしか考えていないようだが、近いうちに塾生さんといく海外セミナーを目論んでいる。 大阪北新地界隈、バンコク によく出没する。