オールインワンマーケットの売りサインはいつ来るのか!?

相場にオールインワンマーケットが始まりそうな感じとなっていました。

225先物も25日移動平均線割れとなり期待していたら、、、

20150510-225d-b1

米国株式市場が再度売りサインを消してくれました。(爆)

20150510-dow-b1

明日の225先物は、25日移動平均線を
ブレイクアップできるかに注目です。

もし、再度ブレイクアップして来れば、
暴落はまたしても先送りですね。

もちろん、ここからの上昇は暴落時の値幅を大きくします
ので、我々としては待つだけのリターンが得られます。

では、そのオールインワンマーケット
の売りサインはいつやってくるのか?

これもセミナーなんかではよく頂く質問なのですが、
それは相場に聞くしかないのです。

必ず暴落は起こります!!
でも、その暴落がいつ起こるかはかわりません。

しかし、我々はチャート分析という手法で、
相場からそのサインが読み取ることが出来ます。

チャート分析といっても、私の見解はちょっと違います。
公式にしてみるとこんな感じです。

チャート分析=テクニカル分析+ファンダメンタルズ分析+ヒストリー分析

もちろん、タイムスパンもミクロからマクロまでを包含しています。
まっ、ちょっと難しそうに見えますが非常にシンプルです。

簡単に言えば、木を見て森も見る!とか、
虫の目と鳥の目を持つ!という感じです。

マクロ的には、オールインワンマーケットの売りサインが出る
かどうかを見極める分析対象のひとつにドル円があります。

ドル円は三角持ち合い形成中です。
今のところ、どちらにブレイクするかはわかりません。

20150510-fx1d-b1

ただ、そのブレイクする方向によってはオールインワン
マーケットの売りサインの引き金になるかもしれません。

このタイミングをチャートから読み取るのです。

もちろん、それが上海市場かもしれませんし、
ギリシャ危機かもしれません。

こんな感じで、目先の細かい動きだけでは上手くいかない時には、
視野を広げてやると、グッと勝てる確率が上がりますよ。

【編集後記】

久しぶりのバンコク。

こちらは夏の後半戦。
雨季に突入したのかな。

スコールがやってくると、全開モード
になるまでには1分もかからない。

相場の変わり目もこんな感じだろうね。

今回はたっぷりと本を持ち込んだので、狙いの
売りサインが出るまでは読書タイムとする予定。

ということで、素敵な休日を。

いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。

■尾崎式史の最新刊
100万円を7年で1億円にする株式投資(ぱる出版)
⇒ http://goo.gl/wJ3cnf

ABOUTこの記事をかいた人

ozayan

1969年大阪生まれ。

月に一度のペースで行くバンコクでも相場から目を離さないという相場好きである。
寝ても覚めても相場のことしか考えていないようだが、近いうちに塾生さんといく海外セミナーを目論んでいる。

大阪北新地界隈、バンコク によく出没する。