安部首相の「危機に陥るリスクがある」を考察する!

昨日、大阪での証券会社セミナーにご参加頂いた方、
お疲れ様でした&ありがとうございました。

明日からのトレードのお役に立てれば幸いです!

で、次回は東京です。6月11日(土)ですので、
都合のつく方はぜひご参加くださいませ。

⇒ http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2016/20160611_2/

では、本題に。

225先物、チャート的にはもみ合い。
しかし、ブレイクが近いですね。

20160528-225d-b1

サミットという重要イベントも通過。
後は煮詰まってのブレイクか、何かが起爆剤になるのか?

いつも通り、動き出せば大きく動きだすので、
乗り遅れないようにしないとね。

さて、26日の伊勢志摩サミットで安倍首相は、世界経済
について、「危機に陥るリスクがある」と訴えました。

安部首相がリスクの兆候として示したのは、

1、国際商品価格
2、新興国・途上国の経済指標の伸び率
3、新興国への資金流入
4、各国の成長率予測の推移

の4つ。特に興味深いのは国際商品価格です。
小生もこの観点からチャート分析をします。

なぜなら、コモディティーというのは、
先行指標になりますから。

よって、この商品価格の大幅下落が
暴落を呼ぶ可能性は高いですね。

この有効性を知っている方は、安倍首相に賛同
できます。ちなみに、小生も同意見です。

もちろん、明日直ぐに暴落が始まるのではなく、
そのタイミングが来たらチャートにサインが出ますよ。

このチャンス、絶対に見逃し厳禁ですよ。

【編集後記】

昨日のセミナー終了後でも、メールでも、電話でも尾崎塾
の再開はいつですか?という問い合わせを頂きます。

とっても嬉しいですね。

今は、原稿に追われる日々なので、詳細は全く
の未定です。来月後半にでもお知らせ出来たらと。

ということで、よい休日を。

You may also like...