出来高が減少しながら上昇した相場の反動は大きい

米国株式市場のヒンデンブルクの予兆から8営業日にして下落が本格化してきた。

5日移動平均線も25日移動平均線もがっくりチャートの完成。

20141002-dow-b1

チャート的にもトレンド転換完了である。

ここからのさらなる下落が始まろうとしている。

そして、一番に気なるアップル株も本格下落に入る直前のチャートである。

20141002-aapl-b1
そして、ようやく下落の気配のドル円の大陰線。

20141002-fx1d-b1

ショートを巻き込んだ相場の終焉を表す可能性が高い。

次は225先物のチャートを見てみよう。

20141002-225d-b1

いい感じのチャートである。

5日移動平均線から垂れ下がる芸術的ながっくりチャート。

ただし、今日のところは25日移動平均線のサポートになる可能性が高い。

東京株式市場では、4日連続で空売り比率30%超えている。

今日はその買戻しの可能性が高い。

デイトレ的にはギャップダウン陽線狙いも有効な局面。

225先物に関しては一旦寄り付きで利食い。

寄り付き後の値動きを見て次の仕込みに入りたい。

You may also like...