テクニカル分析の超実践法

テクニカル分析の超実践法

シンプルなRSIを使いこなす

RSIとは

RSI(相対力指数)は、J・ウエルス・ワイルダー・ジュニアという人によって開発された指標です。RSIは『Relative Strength Index』の略で、『異なる2つのものを対比した指標』という意味です。

RSIは、計算期間内の株価の変動幅に対して、上昇幅(前日比プラスの日の合計)が占める割合を表す指標です。言い換えると、RSIは計算期間内において、前日比プラスの日の値幅が大きくなると高くなり、前日比プラスの日の値幅が小さくなると低くなります。

RSIは、0~100%の範囲で表示される指標で、下降トレンド中は、50%以下で推移することが多く、反対に上昇トレンド中は、50%以上で推移することが多いです。

したがって、まずは50%のところにラインを引いてみるだけで、今現在、その銘柄が上昇トレンドなのか、それとも下降トレンドなのか、というマクロ的な視点に立ったトレンドを確認できます。

さらに、RSIがどちらを向いているのか、その方向を確認します。つまり、RSIが上向きなら株価は上に、下向きなら株価は下に向かうことを指し示しています。

RSIの実践的利用法

8002丸紅の日足チャートです。下段のチャートがRSIです。

50%ラインに水平のラインを引いています。50%ラインより上は上昇トレンド、50%ラインより下は下降トレンドと考えます。

パッと見ると、RSIだけでエントリーのタイミングをとるには、ちょっと難しそうに見えます。

ここは単純に考えてみましょう。

50%ラインがトレンドの分岐点と考えると、上昇トレンド中の押し目は、50%近辺まで落ちてきた所です。反対に、下降トレンド中の戻し局面なら、50%ラインまで上げてきた所です。

そして、最も注目すべきは、50%ラインを下から上に抜けた時、もしくは上から下に抜けた時です。つまり、トレンド転換の可能性がある時です。

RSIのサインで注目すべきところに番号を振っています。順番に見ていきましょう。

まずは、「」、「」からです。50%ラインまで落ちてきましたので、値動きとして押し目を作っているという状況だと考えられます。上段の日足チャートを見てみると、「」では25日移動平均線までの調整とはなっていませんが、「」では25日移動平均線がサポートラインとなって押し目を作っています。

移動平均分析でも解説しますが、25日移動平均線は絶好のエントリーポイントですので、思い切って買いエントリーするのも手です。

」はトレンド転換が期待できる絶好のポイントです。上段の日足チャートを見ると、数日後に5日移動平均線と25日移動平均線がデッドクロスとなり、トレンド転換のタイミングとなっています。

ドンピシャのタイミングとはなっていませんが、これくらいのズレはよくあることです。重要なのは、RSIからトレンド転換の可能性を読み取ることです。

」は下降トレンドに転換後に戻してきた局面です。50%ラインをブレイクアップしていますが、日足チャートを見ると、25日移動平均線にも届かない状態の反発をしているだけです。特に参考になる局面ではありません。

」を見てみましょう。RSIは50%ラインを超えてきました。ただ、日足チャートではもみ合っています。ただ、よく見ると5日移動平均線と25日移動平均線がゴールデンクロスをする可能性がある局面とも読めます。

」と同様、ドンピシャのタイミングになりません。従いまして、日足チャートをチェックしながら、トレンド転換の可能性がありそうなら、エントリーの準備をしましょう。

」と「」を見てみましょう。「」では50%ラインを上から下に、「」では50%ラインを下から上に抜けています。

RSI理論からすると、「」と「」はトレンド転換の可能性があるポイントですが、日足チャートを見ると、25日移動平均線は水平となり、もみ合い局面となっています。

また、「」と「」近辺の値動きを見てみると、25日移動平均線を跨いでゆらゆらと株価が揺れています。典型的なもみ合い局面です。こういう局面ではRSIは使えません。

最後に「」ですが、「」と同じパターンです。上段の日足チャートを見ると、5日移動平均線と25日移動平均線がデッドクロス直前です。トレンド転換が期待できる絶好のポイントです。

一般的なRSI分析では、単純に80%になったら「買われすぎ」なので売り、20%になったら「売られすぎ」なので買い、という解説をしていることが多いです。

確かにその通りに機能することもあるのですが、これで勝ち続けられるのであれば、苦労はしません。先ほどの8002丸紅のチャートで確認して見てください。勝てる所もありますが、負ける所もあります。

また、『RSIはダマシが多いのであまり使えません』って書いてあるものもあります。確かに、RSIだけを見ているとダマシと言われる局面がありますが、日足チャートや他のテクニカル指標と一緒に使えば十分使えます。

RSIはシンプルな指標なだけに、使い方には少し工夫が要ります。これが、腕の見せ所です。つまり、RSIは単独で使うようなことをせず、日足チャート及び他のテクニカル指標と合わせて使いましょう、ってことです。

RCIで押し目と戻りのタイミングを見極める

RCIとは

RCIとは、「Rank Correlation Index」の略で、「順位相関指数」と呼ばれています。これは、株価と日付に順位をつけ、その順位の相関の度合いから、株価の反転するタイミングを捉える指標です

ここでいう相関とは、互いに影響し合っている状態のことをいいます。一組の対になった数値が同じ方向へ向かっている度合いが大きいほど、相関は強いことになります。反対に、一組の対になった数値が反対の方向へ向かっている度合いが大きいほど、反対方向への相関が強いことになります。これを逆相関といいます。

少し難しくなりましたが、簡単に言うと、株価と日付の相関関係を利用し、押し目買いと戻り売りのタイミングを捉えようとする指標です。このRCIも移動平均線、一緒に使うことで、値動きがより正確に読めるようになります。

RCIは、株価と日数を重視しているため、計算日数を各銘柄のトレンドに合わせることにより、効果的に利用できます。しかし、マーケットスピードでは、期間の設定変更ができないため、ターゲット銘柄に使えるかどうか検証する必要があります。

つまりマーケットスピードでは、短期線が9日、長期線が27日の設定となっていますので、この9日、27日がターゲット銘柄に適した日柄であるかを確かめる必要があるということです。

そんなややこしいこと言われてもなぁ~・・・と思われるかもしれませんね。でも大丈夫です。マーケットスピードの標準設定のままで問題ないですし、RCIで読みにくいところは他の指標でカバーすれば問題ないです。

実践で使っているうちにわかりますが、RCIは単独でもかなり使える指標です。細かく解説すればきりがないのですが、まずはシンプルな使い方をマスターしましょう。

RCIの実践的利用法

6305日立建機の日足チャートを見てみましょう。チャート下段がRCIです。RCIは2つの線がありますが、大きく波を打っているのが短期線(9日)、緩やかな線が長期線(27日)です。

一般的に、長期線が0%より下の範囲で推移している場合には下降トレンド、0%より上の範囲で推移している場合には上昇トレンドと解釈します。

長期線が0%ラインを下から上に、もしくは上から下に抜けてきたらところがトレンド転換を示唆するポイントだということです。これが最も重要です。そして、短期線、長期線が指し示す方向が株価の向かう方向と解釈します。

では、具体的に見ていきましょう。

まずは、「」からです。長期線が0%ラインを下から上に抜けてきました。これは、トレンド転換の可能性を示唆しています。上段の25日移動平均線を見てみると、傾きが水平からじわじわと上向きに転じようとしています。つまり、トレンド転換の可能性を表しています。

その後は見ての通り、きれいに上昇トレンドが発生しています。この後、長期線は4月上旬まで高値圏で水平の軌跡を描いています。これは、力強い上昇トレンドを意味しています。

次は、「」と「」を見てみましょう。長期線は80%以上の水準で水平に推移しています。これは上昇トレンドであることを表しています。

短期線はマイナス60%のところまで下落して、切り返しています。この部分の日足チャートを見ると、25日移動平均線までの調整を演じています。つまり、絶好の押し目を作っていることがわかります。

RCIの短期線をエントリーのタイミングとして使うならば、短期線が下落からくいっと上昇に切り返したところです。もちろん、この時に25日移動平均線のサポートを確認できれば、安心してエントリーできます。

さらに、「」を見てみましょう。今度は、長期線が0%ラインを上から下に抜けてきました。これは、トレンド転換の可能性を示唆しています。上段の25日移動平均線を見てみると、傾きが水平になっています。

トレンド転換する可能性はありますが、現時点ではちょっと微妙です。移動平均線などの動きを見ながら、エントリーチャンスを待ちたいところです。

最後に、「」を見てみましょう。短期線が大きく上昇して、がっくりと下落に転じてきたところです。しかも、長期線はマイナス圏半ばで推移しています。下降トレンドが発生しているのであれば、戻し局面と考えられ、売りを仕掛ける局面です。

日足チャートを確認すると、25日移動平均線近辺からの下落で、5日移動平均線は『がっくりチャート』になっています。

しかも、25日移動平均線はじわじわと下向きに転じて、トレンド転換を示唆しています。絶好のエントリーチャンスです。そして、翌日から本格的な下降トレンドが発生しています。

実践では、「」、「」のポイントで相場の状態を読み、さらに5日移動平均線と25日移動平均線とで上手くタイミングを取り、トレンド転換の初動でエントリーしたいものです。

次は4183三井化学の日足チャートを見てください。

先ほどの6305日立建機の上昇トレンドとは異なり、下降トレンドになっています。

では、順番にポイントとなる所を見ていきましょう。

ますは、「」からです。RCIの長期線が0%ラインを上から下に突き抜けてきました。トレンド転換の可能性がある局面です。日足チャートを見てみると、25日移動平均線の傾きは水平なので、ここからトレンドが出るかどうかという局面です。

ただ、5日移動平均線が『がっくりチャート』なれば、売りエントリーしてもよいでしょう。もし、再度5日移動平均線、25日移動平均線をブレイクアップしてきたら、ロスカットすればいいだけですから。

ちなみに、この4183三井化学の場合は、ここから下降トレンドが発生しました。

次は、「」と「」を見てみましょう。長期線はマイナス80%ラインよりも下で水平に推移しています。これは強い下降トレンドを表しています。「」と「」では、短期線はプラス60%のところまで上昇して、反落しています。

この部分の日足チャートを見ると、25日移動平均線までは届いていないものの、反発局面となっています。

RCIの短期線をエントリーのタイミングとして使うならば、短期線が上昇からがっくりと下落に切り返したところです。もちろん、この時に25日移動平均線がレジスタンスラインにとして機能していることが確認できれば、安心してエントリーできます。

今度は、「」を見てみましょう。「」、「」と同じ様な局面です。しかも、25日移動平均線近辺まで値を戻しています。しかし、「」においては、長期線が上昇し始めています。これは、下降トレンドが弱くなってきていることを表しています。

しかも、5日移動平均線と25日移動平均線の乖離が小さいので、ここから少しでも上昇を始めるとすぐにゴールデンクロスとなります。「」近辺で、新規売りを仕掛けたとしても、ちょっと気をつける局面です。

さらに、「」を見てみましょう。長期線が0%ラインを超えてきたので、トレンド転換の可能性が高くなってきました。

」近辺で売りエントリーしているのなら、ロスカットを考える局面です。5日移動平均線が『くいっとチャート』になった時に、機械的にロスカットです。また、ロスカットと同時に、新規で買いエントリーすることも可能です。

結局、「」でトレンド転換を期待するも上昇が続かず、25日移動平均線も水平のまま、小幅な値動きになってしまっています。

」では、RCIの短期線、長期線とも80%を超える高値圏からの下落となっています。しかも、ローソク足は25日移動平均線を割り込んできました。このタイミングで売りエントリーするのもとても面白いです。

最後に、「」を見てみましょう。「」でトレンド転換のサインが点灯していますが、25日移動平均線を見ると、すでにトレンド転換しています。新たに売りエントリーしもいい局面です。仕掛けたら、あとは買い戻しのタイミングまで引っ張ってみましょう

MACDでトレンドを先読み

MACDとは

MACDとは、「Moving Average Convergence Divergence trading method」の略で、「移動平均収束拡散法」と呼ばれています。呼び方は、「マックディー」です。

MACDは、2本の移動平均線を使い、相場の周期とエントリーのタイミングを把握しようとするテクニカル指標です。ただ、一般的な移動平均線を使うのではなく、直近の株価に重みをおいた、「平滑平均」を使うところに特徴があります。

MACDは、MACDとシグナルという2本の線を利用して相場の方向性を予測していきます。難しい話は省略して、実際に使い方を見ていくことにしましょう。

MACDの使い方は、5日移動平均線と25日移動平均線の使い方とほとんど同じです。と言いますか、ここがミソです。MACDは、少しの値動きで敏感に反応するので5日移動平均線、シグナルは比較的緩やかな動きをするので25日移動平均線と考えてください。

こういう読み方をすれば、MACDの本質は、タイムスパンの違う2本の移動平均線の変化をみることによって、トレンド転換を先読みしようとするためのテクニカル指標である、ということが見えてきます。

また、MACDやシグナルが指し示している方向が、株価が進もうとしている方向と考えます。つまり、買いエントリーする場合はMACDが、もしくはMACDとシグナルの両線が上を向いている必要があります。

MACDを利用して、トレンドを把握する方法はとても簡単です。MACD、シグナルがゼロラインより上で推移していれば上昇トレンド、ゼロラインより下で推移していれば下降トレンドと判断します。

ゼロラインを基準に、トレンドを判断することができるということは、このゼロラインがトレンド転換の際の重要な節目になるということを示しています。この節目を認識しておけば、より信頼性の高いエントリーポイントを探すことができます。

MACDの実践的利用法

7202トヨタ自動車の日足チャートを見てください。下段がMACDです。ゼロラインに水平にラインを引っ張っています。

まずは、「」を見てください。MACDがゼロラインを下から上に抜けています。トレンド転換が期待できる局面になりました。

その後に遅れて、シグナルがゼロラインを下から上に抜けています。これが「」のポイントです。トレンド転換の確率がぐっと上がってきました。

」から「」の間の日足チャートを見ると、5日移動平均線と25日移動平均線のゴールデンクロスが完了し、25日移動平均線の傾きは緩やかですが上向きになっています。
その後の動きとしては、株価は25日移動平均線まで調整後、そこから本格的な上昇トレンドとなっています。その初動のポイントが、MACDとシグナルがクロスしている「」です。しかもゼロラインから上向きになる可能性が高いです。

※MACDとシグナルの拡大図

」の時点の日足チャートを見てみると、25日移動平均線は上向きとなり、しかも5日移動平均線は『くいっとチャート』になっています。絶好の買いエントリーポイントです。

MACDの本質は、タイムスパンの違う2本の移動平均線の変化をみることによって、トレンド転換を先読みしようとするためのテクニカル指標である、とするなら、「」のポイントが絶好のエントリーポイントになっていることが分かります。

ここでは、MACDとシグナルがゴールデンクロスをしています。つまり、このポイント「」がトレンド転換の可能性を示唆しているのです。

確かに、日足チャートを見れば、25日移動平均線が下向きで、下降トレンド継続中となっていますので、場合によっては、トレンド転換せずに25日移動平均線までの反発となるかもしれません。

このゴールデンクロスに注目するということは、トレンド転換を先読みするということです。上手くいけば大きな利益につながりますが、それが空振りに終わる可能性もあります。従いまして、このあたりは注意する必要があります。

この局面で重要なのは、25日移動平均線をブレイクアップするかどうかです。買いでエントリーしたのなら、25日移動平均線近辺の値位置に来た時には、ブレイクアップした場合とレジスタンスとなり反落した場合の2つのシナリオを用意しておく必要があります。

さもないと、思惑が外れた場合、訳も分からずダマシにあったと嘆く連中と同じになりますから。

最後に、もう2つだけ付け加えておきます。ひとつは、トヨタ自動車を例にとり、下降トレンドから上昇トレンドへの転換時の解説をしましたが、上昇トレンドから下降トレンドへの転換時でも全く同じことが言えるということです。

もうひとつは、「」でのエントリーポイントです。もう少し早くエントリーしたいのなら、MACDが『くいっとチャート』になった時です。これをフライングエントリーと呼んでいますが、究極のエントリーポイントです。

ストキャスティクスは上手く組み合わせよう

ストキャスティクスとは

ストキャスティクスとは、「売られ過ぎ」や「買われ過ぎ」を判断して、株価の反転するタイミングを把握しようとする指標です。

楽天証券のマーケットスピードでは、ノーマルストキャスティクスとスローストキャスティクスの2種類があります。%K、%Dという2本ラインを組み合わせたものをノーマルストキャスティクスといい、%Dとslow%Dという2本のラインを組み合わせたものをスローストキャスティクスといいます。

ノーマルとスローは期間の取り方が違うだけで、指標の見方は同じです。値動きに敏感に反応して売買サインが素早く出るのがノーマルで、値動きが緩やかで売買サインがゆっくりと出るのがスローになります。

ノーマルストキャスティクスとスローストキャスティクス、どちらを使えばいいか悩む人も多いと思います。どちらか迷っているならスローストキャスティクスを利用しましょう。

なお、ストキャスティクスは逆張り指標の代表格ですが、他のテクニカル指標と合わせて順張り的に使うのが有効です。難しい話はこれぐらいにして、それでは実際に使い方を見ていくことにしましょう。

スローストキャスティクスは、0~100%という数値で、売られ過ぎ、買われ過ぎを表しています。売られ過ぎ(安値圏)の下限を0%、買われ過ぎ(高値圏)も上限を100%であると判断します。

スローストキャスティクスでは、%D、slow%Dという2本ラインを使います。考え方としては移動平均線と同じです。%Dは動きが早いので5日移動平均線と考えます。これに対し、slow%Dは動きが遅いので25日移動平均線と考えます。

また、%D、slow%Dが指し示している方向が、株価が進もうとしている方向と考えます。つまり、買いエントリーする場合は、%Dやslow%Dが上を向いている必要があります。
反対に、売りエントリーする場合は、%Dやslow%Dが下を向いている必要があります。

一般的に、%Dとslow%Dのクロスするところが、エントリーポイントになります。つまり、%Dがslow%Dを下から上に抜いたら買いサイン、反対に%Dがslow%Dを上から下に抜いたら売りサインとなります。

特に意識したいのが、10%以下と90%以上のレンジです。10%以下での買いサイン、90%以上での売りサインは、ストキャスティクスのみを単独使用しても、それなりに信頼性が高くなります。ただ、ストキャスティクスはダマシが多いため、他の指標と組み合わせる必要があります。

ストキャスティクスの実践的利用法

7202トヨタ自動車の日足チャートを見てください。

日足チャート期間に関しては、上昇トレンド中なので10%以下に注目します。ポイントは、「」と「」です。

まずは、「」から見てみましょう。%Dとslow%Dともに10%以下となり、その後ゴールデンクロスしています。買いサイン点灯です。

しかし、日足チャートを見てみると、25日移動平均線は水平でもみ合いとなっています。トレードという観点からは、どう見ても見送りと言えます。

次は、「」を見てみましょう。%Dは9%台に突入して来たのですが、slow%Dは10%を割り込まずという局面から、ゴールデンクロスして買いサインが点灯しています。日足チャートを見ると、しっかりと25日移動平均線にサポートされた後、再度上昇に転じています。絶好の押し目のタイミングを教えてくれたわけです。

でも、これって25日移動平均線を見れば十分ではないか?という疑問が出てきます。その答えはといいますと、「はい、その通りです」と言うことになります。

以上をまとめると、ストキャスティクスでエントリーのタイミングを見つけようとしてはいけません。あくまでも補助的に利用してください。そんな意味を込めて、ストキャスティクスは上手く活用しましょう。

テクニカル分析のまとめ

書店に行けば、テクニカル分析を使えば簡単に勝てる、というような書籍が並んでいるように思えます。単純にテクニカル指標の数値に従ってトレードして勝てるなら、みんな大金持ちになっています。

テクニカル分析の世界では、あくまでも主たる分析対象は日足チャートです。従としてテクニカル指標を使うのです。ここを間違えてはいけません。テクニカル指標を極めても多少は勝てるかもしれませんが、大きな利益を積み重ねていくことにはつながりにくいです。

では、どのように使えばよいのかと言いますと、日足チャートを基本に、複数のテクニカル指標を相互補完的に使うのが最も効果的だと思われます。

ただし、本サイトでは複合的な利用の仕方を解説し過ぎると、ちょっとややこしくなるので、日足チャートとそのテクニカル指標を組み合わせて解説しています。最終目的は日足チャートとテクニカル指標の同時俯瞰です。